米とは、稲の果実である籾から外皮を除去した粒状の穀物と定義される。稲の種子とされるが、実際には果実の部分を含み、胚芽、胚乳、果皮から構成される。一般に籾殻を除去した物を玄米、玄米を覆う糠を除去して精白した物を白米と呼ぶ。それらを5kgか10kgの袋に詰めて一般家庭に販売する事業者は米屋と呼ばれる。

米は1万5千年ほど前に天竺、支那南部、シャム、ビルマなど亜細亜東南部で栽培され始めたと考えられる。考古学的発掘により本邦においては縄文時代の遺物から米粒が出土しており、少なくとも縄文時代には大陸から稲が伝播していた事が分かる。

2000年の時を経て食糧供給が潤沢な時代が到来し、多種多様な食品が供給されてから各々の嗜好に合致する物を自由に取捨選択出来る現代においてもなお飽きずに米を食べ続けている人の少なくない本邦において、米が如何に重要な産品であるかは高い関税で稲作農家を保護する国策からも看取される。


Copyright © 2009 関口米店 All rights reserved.